家族コミュニケーションとしてのLINEスタンプ作成

商売として注目されているLINEスタンプ作成ですが
何もその用途は商売だけではありません。
たとえば、親子で一緒にスタンプを作成することでコミュニケーションをはかるのも面白いと思います
お子さんにスタンプを作成してもらって、それが販売されれば
お子さんの達成感にもつながり教育上も良い効果があるはずです。

・イラストは子供や奥さんに任せよう

作るにあたって一番楽しい部分はイラストを考える部分、ここはできるだけ自分以外の自由にさせてあげましょう。
パソコンになれない場合は鉛筆などで書いた絵をスキャンしてあげてパソコンにとりこむといった方法も出来ます。
42枚と必要枚数は多いのでキャラクターを作らせてあげて自分が描く、またはスタンプ作成代行に頼むというやり方でも良いでしょう
あまり口を出し過ぎるとお子さんの自由度が下がってしまい出来上がりの満足度も下がるので気をつけて下さい。

・審査にも気をつけて

LINEスタンプは審査を受ける必要がありますがデザインが自由すぎる場合審査に通らない内容なってしまった
ということもあるでしょう。そういった部分は他の人の作品を壊さない範囲で
自分で手直しするのもありでしょう。
時には必要な嘘もあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です